弁護士費用・訴訟費用

弁護士の費用は加害者か被害者かによって大きく異なります。

交通事故加害者の場合の費用

加害者になった場合は費用がかさみます。
しかし、損害保険の弁護士特約は弁護士料金の上限が低価格で、弁護士としては非常に収益性が悪いために引き受けたがらない傾向になります。

また依頼する交通事故加害者の方も和解金の上乗せで、弁護士報酬が必要となります。
その上裁判をしても思ったほどの効果が得られないことから、自分で裁判をする人は別ですが、裁判や弁護士を入れての和解などは費用面でもお勧めできません。

事故の和解について不満があるのであれば、損害保険会社を変えてみるのもいいでしょう。



交通事故被害者の場合の費用

被害者であれば初期費用が掛からない場合も多くあります。
交通事故の被害者であることが明確であれば、加害者から損害賠償が確実に見込まれるためです。

これは裁判にならずとも和解となっても同じことが言えます。
また弁護士が介入するだけで和解金額が跳ね上がるため、元々、損保会社が提案してきていた金額との差額分の中からの料金となることがほとんどです。




注意

交通事故の被害に合い保険会社との示談に困ってる人は
に掲載してある事務所を参考にしてください。

  • 最終更新:2014-11-19 22:58:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード